南部鉄瓶との出会い②

実行速度5Gのソムリエ 山嵜愛子です。

南部鉄瓶『糸目波紋』購入いたしました♪

蓋のつまみは松ぼっくり。松風を表した鉄瓶だそうです。

・・・・・美しすぎる・・・・・

霰(あられ)は自宅用になるので、記念のツーショットを。

おお、気付きませんでしたが、1ヶ月で霰が熟成しております。

改めてもう一度使い方のおさらいをしてみたら、はしょりすぎていたようです、おっとっと。

もう、大切に大切に、末永く使わせていただきます。

合掌。

南部鉄瓶との出会い①

ボルゴ・コニシ店内に突如現れた南部鉄瓶について、お話ししたいと思います。

現代の名工 佐藤勝久氏作『霰(あられ)』蓋のつまみは、くちなしのつぼみでございます。

・・・・・なんとも美しいフォルム・・・・・

霰模様は内側からひとつひとつ棒で突いて付けていくのだそうです。真上から見るとこの霰の粒が螺旋状に見えて、本当に美しい。

美しさだけではなく機能美も備わっており、お手入れも思っていた以上に簡単!というか、お手入れいらず!!(ここが一番驚きました)その上、この鉄瓶で沸かしたお湯のまろやかさ、やめられません。コーヒー、紅茶の味が全く違うし、冷めた白湯はまろやかで舌触りもとろりと感じ、体に吸収されていくのがわかります。シェフは料理にも使っています。

ボルゴ・コニシのあちこちで使用範囲が広がる南部鉄瓶水ですが、一番わかりやすいのは、自家製ジンジャーエールでしょう。シロップを 南部鉄瓶水を使って 作りバージョンアップしました。砂糖は北海道産てんさいのグラニュー糖、炭酸水は能勢の湧き水で作られています。

是非、ご賞味ください。

自家用に購入した南部鉄瓶ですが、すっかりお店用になってしまいました。

貧血でもなく、家でどちらかというと気に入って長年使い続けているステンレス製のやかんに不満があるわけでもなく、鉄瓶を使うことになろうとは微塵も思っていませんでした。百貨店の催事場でたまたまお話を伺っているときも、この後どこでお茶しようかしら、と気もそぞろだったのですが、気付いたらお話しを聞きながら「どれにしようかしら」と選んでいる自分がいたのでした。凄腕営業マンの超絶饒舌セールストークを浴びせられても最後には「だが、断る!」と岸部露伴の如く、NO!と言える日本人 山嵜愛子ですが、明らかに美しい品を目の前に誠実な説明を伺っている内に、今後も日本に必要です!!まずは我が家に必要です!!!と思った次第です。私が顔の広い富豪だったら、お中元やお歳暮やお祝いや、理由をつけては贈るところですが、ささやかに、次回の催事であと一つ自家用を購入しようと思っています。二つ目は『糸目波紋』と決めています。

佐藤勝久氏の南部鉄瓶は、全国の百貨店などの催事のときしか購入できません。岩手県の工房でも直売はしていないそうです。「少人数で作っていますから、通販などもできません。」とのことで、少人数とはどのくらいですか?と伺ったら、勝久氏とご兄弟、そして息子さんの3名だそうです。ちなみに勝久氏は昭和10年生まれです。ゆっくりと待つのもまたよいものです。

取扱いの簡単ぶりは、ここでは敢えて説明を控えさせていただきます。私の言葉を読むより、売り場でてぬぐいを使った簡単所作を拝見しながら説明を聞いたほうが、納得していただけるでしょう。私はてぬぐい愛用者なので、より一層てぬぐいを使用できる機会が増えてそれも嬉しいことです。朝と夕方の営業時間前には、シェフが見ていて笑うくらい、てぬぐいを使った鮮やかな手さばきでお湯をせっせと沸かしています。道具ひとつで生活がより一層楽しくなります。

ご興味のある方、是非、お近くの百貨店の催事をお調べください。また販売スケジュールは、はてなブログ『南部鉄器マン』で検索してみてください。

!!!!!!!ぬぬぬ!!!!!!!

な、な、なんと、7月9日まで近鉄百貨店橿原店にいらっしゃる!!今、改めて確認のために見て気付きました!というか、ブックマークしているのに、ちょいちょいチェックしていたのに、最新情報を見逃していました!アナログ体質がアダとなる・・・

・・・というわけでアナログの鉄板、近鉄百貨店橿原店にただ今電話して、糸目波紋を取り置いていただけることになりました。8日の月曜日、たのしみに行って参ります♪

*p.s. お昼11時半から昼食をとられるそうです。ご興味のある方は、開店早々か午後がおすすめです。

to be continued・・・

リストランテ ボルゴ・コニシのクリスマスメニュー2018

いよいよ本年も残すところ、あと1ヶ月となりました。

2018年ボルゴ・コニシの集大成、クリスマスメニューが決まりました。

各夜4組限定です。2018年の締めくくりに、ボルゴ・コニシのクリスマスディナーでゆっくりとお過ごしください。ご予約お待ちしております。

 

リストランテ ボルゴ・コニシのクリスマスディナー

12月22日(土) 23日(日) 24日(月) 25日(火) の4日間です。

各夜4組限定です。

ご予約の際、18:00~20:00でご都合の良い時間をご指定ください。

 

Stuzzichino

フィンガーフード

Apribocca

岡田農園の根菜のミッレフォーリエ

Antipasto Freddo

倭鴨とマカンボのサラダ 大和橘の香り

Antipasto Caldo

バッカラとブロッコリーのマンテカート

Primo Piatto

イタリア ヴェネト州産ウサギのラビオリ

Second Piatto

エレゾ社 蝦夷鹿のタリアータ

Granita

榧の葉のグラニテ

Dolce

アマゾンカカオのティラミス

Caffe o Te

食後のお飲み物 小菓子と共に

¥10,000(税別)

RISTORANTE Borgo KONISHI TEL;0742-26-5581

 

*仕入れ状況によりやむを得ず内容を変更することもございます。あらかじめご了承ください。

 

 

 

シェフェスタin奈良 2018 ”シェフズキッチン”に出演いたします♪

ボルゴ・コニシは、今年10年目を迎える、奈良の食の祭典『C’festa シェフェスタ』の奈良会場にて行われる“シェフズキッチン”に出演させていただくこととなりました。出演は、9月22日土曜日、生駒市のCOMMUNICOコムニコ オーナーシェフ堀田大樹氏との共演です。

奈良の食材盛り沢山でお届けします、気になるメニューは・・・

メインメニュー: ¥1,800

  • ヤマトポーク脛肉の煮込み 大和橘のグレモラータ風味
  • 曽爾の米と宇陀のサフラン 奈良のさまざまな茸のリゾット
  • 奈良県産薩摩芋とローズマリーのフォカッチャ

サイドメニュー:

  • 奈良県産野菜のバーニャカウダ ¥600
  • アマゾンカカオと古代醤のブディーノチョコラータ 大和橘のコンフィ ¥600

 

えぇぇぇ!!宇陀でサフラン採れるの?アマゾンカカオと醤(ひしお)ですって??そして、なんだ、ただのバーニャカウダか・・・と思ったそこのあなた!あなどるなかれ!!レストラン御用達農園の野菜を、しっかり味わっていただきます。

 

もちろん、この際、せっかくなんだから、このブログをお読みの方は全てご購入されることと思いますが、〆となる重要なデザートにスポットを当てさせていただきます。

今回出会った食材の中で、シェフ山嵜が鼻息荒く大興奮した食材が、アマゾンカカオでございます。東京のトラットリアNATIVOオーナーシェフ 太田哲雄氏がペルーに行った際、アマゾン奥地のカカオに魅了されたことがきっかけで、自ら輸入販売されています。香りの豊かさと芳醇な味わい、洗練された長すぎる余韻に、ソムリエ山嵜は、カカオ風呂に入っても構わない!と思いました。さぁ、アマゾンカカオに奈良の何を合わせよう、わくわく。

こちらが、アマゾンカカオ。

パートナー堀田シェフの提案“古代醤”に決定しました。紀元前から多くの古代文明が栄え、インカ帝国の中心地だったペルーのカカオと、古代のレシピから蘇った天理市 奈良県醤油工業協同組合の古代醤が出逢った、”ブディーノ・チョコラータ” アラブの影響を受けるシチリアのチョコレート・プディングに仕立てました。

仕上げに、こちらも太田シェフの輸入品、ペルーのスーパーフード、カカオの親戚 “マカンボ(別名 脳豆 ブレイン・ビーン)” をローストしてたっぷり振りかけます。見た目がまさしく、ブレイン!!このひだひだのまま砕けて美しい。

そしてまとめ役、準主役といっても良い名脇役 大和橘のコンフィ。この大和橘がなければ、地中海の味わいにならない、なくてはならない存在なのです。

数に限りがございますので、お早めに!!当日は、奈良公園でお待ちしております♪

 

シェフェスタin奈良は、奈良公園県庁前、登大路園地にて、9月15日(土)~24日(月・祝)10時から17時まで開催されます。

10周年である今年の、日替わりシェフのお料理が楽しめる “シェフズキッチン” は、奈良のシェフのみが参加します。普通の屋台では味わえない、シェフたちが工夫を凝らした1日限定 “アウトドアメニュー” をお楽しみください。

その他、ひと味もふた味も違う “料理屋の屋台” であれこれつまんだり、お酒やワインなど飲み物も充実、最後はマルシェでお買い物、奈良のうまいもん大集合の10日間!晴れますように!おなかすかせて、お越しください!!

ボルゴ・コニシ×コムニコは、10月22日です♪

 

 

 

2017 クリスマスディナー

はっっっ!!と気付けば、もう12月。

2017年ボルゴ・コニシの感謝を込めた集大成である、クリスマスディナーのメニューが決まりました。

今年のポイントは、最高品質のエレゾ社のジビエと、今年出逢った新たな食材の中で、特にキラッと光る大和橘です。大和橘には最後のデザートで、華やかにディナーを締めくくっていただきます。

気合の入ったワインペアリングコースもご用意いたします。

皆さまのご予約を心よりお待ちしております。

 

<リストランテ ボルゴ・コニシのクリスマスディナー>

12月22日(金) 23日(土・祝) 24日(日) 25日(月) の4日間

クリスマスディナーは、事前のご予約をお願いいたします。

ご予約の際、18:00~20:30でご都合の良いお時間をご指定ください。

 

Stuzzichino

フィンガーフード

 

Apribocca

ムール貝 丹波産枝豆のピュレ

 

Antipasto Freddo

村上農場の豆のサラダ

サルデーニャ産ボッタルガとバッカラマンテカートのチップスを添えて

 

Antipasto Caldo

熟成じゃがいものカネデルリ 車えびとリグーリアソース

 

Primo Piatto

エレゾ社 ヒグマのラグー タヤリン

 

Second Piatto

エレゾ社 蝦夷鹿のタリアータ 麻炭のソースとナツハゼのジャムを添えて

 

Granita

桂の木の葉のグラニテ

 

Dolce

大和橘とヘーゼルナッツのトルタ タッツィーナ仕立

 

Caffe e Te

食後のお飲み物 小菓子と共に

 

10,000円(税別)

RISTORANTE Borgo KONISHI TEL;0742-26-5581

*仕入れ状況によりやむを得ず内容を変更することもございます。あらかじめご了承ください。

 

お食事ご招待券発行のおしらせ

特別な日の贈り物に、ボルゴ・コニシのお食事ご招待券は、いかがですか?

大切な方の記念日やお祝いに、また記念品や報奨品として、

贈り物に最適な、お食事ご招待チケットをご用意いたしました。

当店店頭にて販売しております。

チケット1枚で2名様のご利用が可能です。

価格は、10,000円と20,000円(いずれもワンドリンク付、消費税込み)の

2種類をご用意いたしました。

その他、金額や内容などご相談承ります。

有効期限は発効日より1年です。

ご利用のお客様は、お気軽にお問い合わせください。