2020.8.28~テイクアウトメニュー

いつもリストランテ ボルゴ・コニシをご利用いただき、誠にありがとうございます。

4月よりテイクアウトを始めて5ヶ月が経ちました。
レストランやおうちレシピとはまた違った、もう一つのボルゴ・コニシの顔として今後とも続けて参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

レストランメニューと同様に、イタリア郷土料理をベースにした、どこか郷愁的でありながらシェフ山嵜のエッセンスがキラリと光る、是非味わっていただきたい!テイクアウトメニューをご紹介いたします♪

8月28日より、ラグークラシコのお肉の種類と、メインのお肉料理が変わりました。
ボルゴ・コニシお気に入りの奈良宇陀牧場の井上牛が、只今入手困難な状況です。
入手できるまでの間、全国に目を向けてみたいと思います。井上さんと同じように、ブランド名にこだわらず自らの哲学を持ち、日々探究を続けておられる生産者が各地にいらっしゃいます。日本のまだまだ知られざる美味しいお肉の魅力をシェフ山嵜がご紹介いたします。

是非、ご賞味ください。

●自家製天然酵母ベーグルサンド ¥1,200
        ミニケーキ付 ¥1,500

当店のベーグルはベーグルの元祖と言われるポーランドが起源のタラッリで、南イタリア プーリア州のレシピを採用しています。
茹でてから焼くという作り方は同じで、日本に普及しているアメリカ経由のベーグルと味わいや食感は異なりますが、わかり易く”ベーグル”としています。
アメリカンより、ぎゅっと生地が詰まっていてドイツパンのように噛めば噛むほど小麦粉の味わいが染み出すようなベーグルです。
食事に合わせるため、調味料の味付けは極力控えておりますので、より小麦粉と食材のハーモニーが味わえます。

具材にはイタリア郷土料理をベースに調理した、旬の野菜を主役にします。他にはないベーグルサンドをお楽しみください。

   ベーグル:自家製天然酵母(小麦粉とドライフルーツ)
        石臼で挽いたイタリア産オーガニック
        小麦粉3種とマニトバ粉をミックス
        フェンネルシード etc…..
   具材:ジョルジョ・ルッピさんの生ハム
      旬の野菜を調理したもの
      自家製ピクルス etc…..
  ミニケーキ:基本的に砂糖不使用オーガニックドライフルーツとマスカルポーネのケーキ
        変わることもございます。

自家製天然酵母のピザベーグル   ¥1,200

ベーグルをピザにしました。
具材は、イタリアの伝統的な パニーニサンドやピザの具材の組み合わせをベースにします。 個性あふれるベーグルサンドとひと味違う、ベーシックな味わいです。

  ベーグルサンドと同じ自家製天然酵母ベーグル使用
  具材:イタリア人熟成士ジョリートさんのチーズ
     アンチョビ
     ドライトマト
     自家製サルサヴェルデ etc…..
  

     

●岡山県産備前牛と鹿児島県産豚”南国スイート”のラグークラシコのスパゲティ¥1,300

*見た目ではお肉の種類が判別できないため、画像は前回の大和牛のものを使用しています。ご了承ください。

ラグーとは、お肉を細かく切って煮込んで作るソースです。ラグークラシコは、トマトがイタリアに普及した18世紀以前のトマト未使用の生粋の “ミート” ソースです。

今回は、岡山県産備前牛と鹿児島県産南国スイート豚のコンビネーションが味わえる、クラシックなミートソースに仕上げました。
豚肉は脂身を味わうことが醍醐味であり、お肉の質が脂身に現れます。この南国スイートはパイン粕で育っていますが、その脂身は臭みや過剰な甘さが全くありません!そして、ベタベタしないサラリとした食後感はヘルシーな豚肉の証です。
そんな上質な豚肉には、やはり同じレベルのエレガントな備前牛がベストマッチ♪余分な脂がなく噛めば噛むほど味わい深い備前牛とのハーモニーをお楽しみください。

それよりもまず、はい、おっしゃりたいことはわかります。
私も真っ先に、シェフに目くじらたてて申しました。
さぁ、今一度ご一緒に、
「スパゲティ?????伸びるじゃん!!!」

何を言おうが無駄。何故か頑なにスパゲティ押しでした。


よぉおおし、わかった、とできあがったパスタを完全に冷めるまで待ったり、温め直したり、スパゲティを食す態度にはあるまじき、考えうる限りぞんざいな状況での試食を重ね(*よい子はマネしないでね)採用と相成りました。
もちろん、お店でお召し上がりいただくのとはわけが違いますが、こういう美味しさも確かにある!という感じです。
伸びるとか伸びないとか、それ自体がナンセンスというか・・・とにかく、シェフはパスタを作り続けて24年、私は毎日パスタを食べ続けて13年のボルゴ・コニシが、堂々と商品化いたしました。

秘密は、スパゲティにあり。

現在、当店のパスタは全て1908年創立トレンティーノ=アルト・アディジェ州プレダッツォ のフェリチェッティ社  最高級のデュラム・セモリナ粉で作られるオーガニックパスタを使用しています。 標高1,000mのドミロテ渓谷の中心でパスタ作りを行っています。
このパスタに出会ってから、「パスタ料理はソースを食べているのではない、ソースはパスタそのものを美味しく食べるための材料に過ぎない」とか「噛むと小麦のジュースが染み出すような茹で加減でなくてはならない」などというイタリア人の 日本人顔負けの繊細な味覚を本当に体験できました。
そして、このフェリチェッティ社のスパゲティだからこそ、テイクアウトでもスパゲッティが可能だ!とシェフは確信したのであります。よって、ソムリエの目くじらなど、なんてことはなかったのです。
スパゲッティそのものの美味しさをお届けします。

シチリアーナ  ¥1,300

トマトソースは、南イタリアのホールトマト、同じく南イタリアのプチトマトの水煮、そして日本のフレッシュトマトで作ります。水煮缶に入っているジュースは保存用で果肉とは全く別もののトマトジュースで、缶のにおいも付いているので使用しません。果肉だけを使用することで、トマトソースの味わいがクリアになり、パスタ本来の味わいを引き立てます。

18世紀にトマトがイタリアに普及してから、その味わいに彼らはすっかり虜になりました。そして、トマトを生産するようになり多彩なトマト料理が生まれました。
まずは、代表的なシチリアーナを。ナスとベーコン、ではなく、ナスとジョルジョ・ルッピさんのグアンチャーレで贅沢に仕上げました。是非、ご賞味ください。

●!!NEW!! 山形牛の赤ワイン煮込み¥3,000

*見た目ではお肉の種類が判別できないため、画像は前回の井上牛のものを使用しています。ご了承ください。

今回は山形牛を定番の赤ワイン煮込みに仕上げました。
ソムリエ山嵜は、元々お肉など食べなくてもよいと思っておりましたが仕事柄体力勝負ゆえ、ときどき体が欲するのでございます。そしてこれまた仕事柄、すごいお肉に出会ってしまうのです。北海道ボーヤファームの羊に始まり、井上牛やエレゾ社の放牧えぞ豚、雅チックファームさんの大和肉鶏などを知ってしまい、その上、前述の備前牛、南国スイート、そして山形牛!
じわっと後から来る深い旨みが素晴らしい。いくらでも食べられそうです。良いお肉をいただいて、残暑を乗り切りましょう!

●自家製天然酵母パン   ¥100

ベーグルと同様、天然酵母ならではの小麦の味わいを生かし、食事の良き伴侶となるよう調味料を極力控えたパンです。パスタのソースやお肉料理と相性抜群です。自家製だからこそ可能なお料理とのマッチング、是非お試しください。

★価格は全て税込み価格です。
★いずれの商品もおひとつからご用意いたしますので、
 お気軽にご利用ください。
★ご注文いただいてから調理いたします。
★お電話でのご予約も承ります。
★受け取り希望時間が14時から18時の間の場合、
 レストランの営業時間内にお電話にてご注文ください。
 ご希望のお時間にご用意いたします。

ご注文、お問い合わせは
リストランテ ボルゴ・コニシ
TEL:0742-26-5581