おうちで簡単!!ボルゴ・コニシのイタリア料理レシピ 8~大和丸なすと大和ポークのトマトソースのスパゲティ~

シチリアの定番パスタといえば、『シチリアーナ』
シチリア島の名産であるナスとトマトソースのスパゲティです。
そのシチリアーナを、奈良の名産のひとつ ”大和丸なす” を主役に、もう一つの名産 ”大和ポーク” を加えて、おうちで楽しめるトマトソースにアレンジ♪

大和丸ナスは大和郡山市が主な産地で、艶のある紫黒色でへたに太いとげがあるのが特徴です。しっかりとしまった肉質で、煮崩れしにくいのでお料理がしやすく、食べ応えも抜群!
4月初旬から10月頃まで収穫が続きます。

もちろん、他のナスでも構いません。特にこのお料理には米なす(旬は7月から10月)がお勧めです。

自宅でもできるだけ楽しく美味しく、日々工夫している 皆様の味方☆彡リストランテ ボルゴ・コニシのシェフ 山嵜正樹が贈る、プロのひと手間を是非いつものお料理に加えてみてください。

きっちりレシピ通りに作ってみるもよし、自慢のお料理にアレンジして加えるもよし、材料の中で無いものは省いてざっくり作ってみるもよし、何か1つでも新しいヒントを見つけていただければ幸いです。

《大和丸なすと大和ポークのトマトソースのスパゲティ》

〈2人分〉
水            1.5L
塩              15g
パスタ           200g

*ソース*
豚肩ロース      120g
なす           200g
トマト      2個(450g)
オリーブ油      20g
       仕上げ用 15g
塩           6g
こしょう       少々
仕上げのチーズ    適量

①豚肩ロースは小さめのバトン切り(棒切り)にする。
 ナスは一口大、トマトはざく切りにする。

② <ソースをつくる>鍋にオリーブ油20gと①の豚肩ロースを入れ弱火で触らず10分火を入れ焦げ目をつける。

③ ②の肉をひっくり返して塩6gを加え3分弱火で焼く。
  Point!先に塩を入れると余分な水分で茹でることになるので、表面を香ばしく焼くため塩は後で入れる。

④ ③の鍋にナスを入れ油を吸わせる。
  完全に鍋の油をナスが吸ったらトマトを加え鍋底の茶色い焦げをこそげ取りながら中火で煮詰める。(10分ほどを目安に)
  Point!鍋底の焦げは旨み。

⑤ 鍋に水1.5Lと塩15gを入れ沸騰したらパスタを入れる。

⑥ パスタは標準のゆで時間通りか好みの硬さに茹でてざるにあげ、④の鍋に入れ火を止め、混ぜながらソースとからませて、塩コショウで味を整える。

⑦ オリーブ油15gを加えパスタを鍋の中で混ぜて乳化させる。

⑧ 皿に盛りお好みでチーズをかけて、
  できあがり♪いただきます♪