シェフェスタin奈良 2018 ”シェフズキッチン”に出演いたします♪

ボルゴ・コニシは、今年10年目を迎える、奈良の食の祭典『C’festa シェフェスタ』の奈良会場にて行われる“シェフズキッチン”に出演させていただくこととなりました。出演は、9月22日土曜日、生駒市のCOMMUNICOコムニコ オーナーシェフ堀田大樹氏との共演です。

奈良の食材盛り沢山でお届けします、気になるメニューは・・・

メインメニュー: ¥1,800

  • ヤマトポーク脛肉の煮込み 大和橘のグレモラータ風味
  • 曽爾の米と宇陀のサフラン 奈良のさまざまな茸のリゾット
  • 奈良県産薩摩芋とローズマリーのフォカッチャ

サイドメニュー:

  • 奈良県産野菜のバーニャカウダ ¥600
  • アマゾンカカオと古代醤のブディーノチョコラータ 大和橘のコンフィ ¥600

 

えぇぇぇ!!宇陀でサフラン採れるの?アマゾンカカオと醤(ひしお)ですって??そして、なんだ、ただのバーニャカウダか・・・と思ったそこのあなた!あなどるなかれ!!レストラン御用達農園の野菜を、しっかり味わっていただきます。

 

もちろん、この際、せっかくなんだから、このブログをお読みの方は全てご購入されることと思いますが、〆となる重要なデザートにスポットを当てさせていただきます。

今回出会った食材の中で、シェフ山嵜が鼻息荒く大興奮した食材が、アマゾンカカオでございます。東京のトラットリアNATIVOオーナーシェフ 太田哲雄氏がペルーに行った際、アマゾン奥地のカカオに魅了されたことがきっかけで、自ら輸入販売されています。香りの豊かさと芳醇な味わい、洗練された長すぎる余韻に、ソムリエ山嵜は、カカオ風呂に入っても構わない!と思いました。さぁ、アマゾンカカオに奈良の何を合わせよう、わくわく。

こちらが、アマゾンカカオ。

パートナー堀田シェフの提案“古代醤”に決定しました。紀元前から多くの古代文明が栄え、インカ帝国の中心地だったペルーのカカオと、古代のレシピから蘇った天理市 奈良県醤油工業協同組合の古代醤が出逢った、”ブディーノ・チョコラータ” アラブの影響を受けるシチリアのチョコレート・プディングに仕立てました。

仕上げに、こちらも太田シェフの輸入品、ペルーのスーパーフード、カカオの親戚 “マカンボ(別名 脳豆 ブレイン・ビーン)” をローストしてたっぷり振りかけます。見た目がまさしく、ブレイン!!このひだひだのまま砕けて美しい。

そしてまとめ役、準主役といっても良い名脇役 大和橘のコンフィ。この大和橘がなければ、地中海の味わいにならない、なくてはならない存在なのです。

数に限りがございますので、お早めに!!当日は、奈良公園でお待ちしております♪

 

シェフェスタin奈良は、奈良公園県庁前、登大路園地にて、9月15日(土)~24日(月・祝)10時から17時まで開催されます。

10周年である今年の、日替わりシェフのお料理が楽しめる “シェフズキッチン” は、奈良のシェフのみが参加します。普通の屋台では味わえない、シェフたちが工夫を凝らした1日限定 “アウトドアメニュー” をお楽しみください。

その他、ひと味もふた味も違う “料理屋の屋台” であれこれつまんだり、お酒やワインなど飲み物も充実、最後はマルシェでお買い物、奈良のうまいもん大集合の10日間!晴れますように!おなかすかせて、お越しください!!

ボルゴ・コニシ×コムニコは、10月22日です♪