ホームーページをリニューアルしました

本題に入る前に、先日はシェフェスタin奈良 シェフズキッチンにご来場いただきありがとうございました!!・・・ん?気付けば随分時間が経過している・・・今週末6日には、後半のシェフェスタin馬見が始まります!!・・・ボルゴ・コニシは参加しません・・・

楽しかったシェフズキッチン コムニコ×ボルゴのイケメンチーム

もう、プロ勢揃いで私などに何ができよう。すばらしい。

当日は、早朝の雨上がりでかなりぬかるんでおり足元の悪い中、多くのお客様にご来場いただきました。ありがとうございました。

 

さて、本題。

このたび、2015年に制作したホームページをリニューアルし、内容盛り沢山にいたしました。大きく変わった箇所は『メディア紹介事例』で、2007年開店から現在に至るまで紹介されたメディアについてまとめてみました。振り返ってびっくり!!なんとマジメでマニアックッッッ!!シェフらしいと言えばそうですが、、、著作権を侵害しないために、書籍などの画像の代わりに簡単なコメントを掲載しております。

まとめ作業の間に、当時のいろいろなことを思い出しました。

2007年オープン最初の雑誌掲載は、『ぱ~ぷる』”春のしあわせパスタ”でした。ある女性のお客様が食後に「実は雑誌記者です。今度取材をさせてください。」とおっしゃって、あの有名なぱ~ぷるさんであることと、ご自分で食事して味を確認してから取材なさるという、本気度に感激したことを覚えています。なんと、ぱ~ぷる自体の表紙と、33ページの特集のトップページに当店のパスタがどどどアップ!そして、特集内の40ページに”絶品パスタ”として当店をご紹介いただくという、一度にクリスマスとお正月がきたような、嬉しい経験でした。

2010年 『芸妓 菊乃のかわいい奈良』は、出版社の方から「菊乃さんが是非、貴店について執筆したいとおっしゃっています。」とご連絡をいただき、「大変光栄でございます!よろしくお願いいたします!!」と電話口で嬉しく取り乱しました。出版されるまで待ちに待った、ガイドブックとしても未だ大切な一冊です。

2011年 ルイ・ヴィトン シティ・ガイドは、かなり驚きました。お客様に「おめでとうございます。」と言われ、ルイ・ヴィトンが発行するシティ・ガイドに掲載されていることを知りました。というか、そんなシティ・ガイドがあることをその時はじめて知りました。そして、大阪のルイ・ヴィトンまで購入に行ったのです。もちろん、かなり怪しまれたので早々に理由を話し、手袋をした店員さんが店の奥から持ってきて、とても美しく包んでくれました。さて見てみると、なんと映画監督の河瀬直美さんがお気に入りのお店として紹介してくださっていたのです!!豪華すぎ!!

2013年11月7日 毎日新聞では、ソムリエ山嵜についても文中で触れるとのことで、雑誌のように校正があるわけではのですが、担当記者の宮本氏のお心遣いで「発効日が、奥様の誕生日の前後になりそうですが、年齢は現時点のままにされますか?それとも1歳足しますか?」と確認の電話があり、もちろん現時点にしていただきました。年齢表記に何の意味があるのかと聞いたら、新聞では信憑性が問われるため、人名には必ず年齢表記をする決まりだそうです。新聞が発行され「見ました!!」のあと必ず皆さま含み笑いで「奥様、結構年齢が・・・あはは、あ、しかもアネヨメ(姉嫁)で・・・ふふふ~ん・・・へ~~~。」と内容より私の年齢のインパクトが強かったようです。

2014年 nala:yome(ならよめ)のときは、遂に実物のナラヨメを見れるのかと思い、取材の日はかなり楽しみでしたが、残念ながらいらっしゃいませんでした。2012年創刊したとき、書店でひときわ目を引く、表紙を飾るアバンギャルドすぎる奈良の嫁たち(しかもほぼ全員が外国人美女モデル)に衝撃を受け、結婚して13年経っているにも関わらず、発行されるごとに欠かさず拝見しておりました。奈良もこれくらい変わったっていいわよ、ふむふむなどと。さすがに、ドールハウスのような所でお人形のような、もはや純白のドレスでないナラヨメがわらわらと沢山写っている特集では、「一体どちらで撮影されたのでしょうか?このような場所が関西に?」などと、この際とばかりナラヨメの謎を解き明かしたのであります。ナラムコはあまり写っていなかったような・・・ハッピー、ナラヨメ。

メディア掲載情報に加え、ブログも整理し、インスタグラムも見れるようになり、内容充実!バージョンアップしたボルゴ・コニシ ホームページを、今後とも末永くどうぞよろしくお願いいたします。