興福寺中金堂落慶&みうらじゅん、いとうせいこう言祝ぎ見仏トーク

今年の奈良を代表する一大イベント、と言っても過言ではない、興福寺中金堂落慶!!一般公開は10月20日、いよいよ今週土曜日に迫ってまいりました。

約300年ぶりに、2010年から8年かけて再建された興福寺中金堂。10月7日から11日まで法要が執り行われ、沢山の関係者や招待客が連日参列された模様です。気が向いたときお賽銭、休日にぶらっと国宝館、たまには寄るか東金堂、あら特別開扉?と気ままに北円堂へ、などという一般参拝者である私はもちろん招待されません。

しかし、興福寺からすぐの場所で奇跡的に10年以上お店をさせていただいているご縁で、法要の帰りにお食事にいらっしゃったお客様に「どうでした?今日は、どのような趣向で??」と連日伺えたのは光栄でした。毎日少しずつ異なる内容のようで、それは豪華な法要だったようです。

そんな法要の真っ只中、三連休後の火曜日に、シェフェスタで出会った忘れられないピザの味『マガジーノ』へ朝からGO!

人気店ゆえ、事前予約しておいたのでひっきりなしの満席ながら入店できました。お目当てのマルゲリータDOCを満喫。そして、カルツォーネをいただいて、新たに水牛リコッタの美味しさを知ってしまいました。なんと、ピッツァヨーロである野田シェフの手元がしっかり見えるお席に通していただき、お忙しい中いろんなお話も伺えて、シェフ山嵜大感激!!心も体もすっかり癒されたのでした。

次回は当麻寺とセットだな、なんて話しながら夕方の帰り道、せめて外からだけでも中金堂を見ようと通ってみたら、なにやら「今ならお席がご用意できますー!!」というスタッフの方たちの叫び・・・お席?何の?まさか法要??夜もやる?しかもそんな気安く・・・声の聞こえるほうへ近寄ってみると「是非!是非!!」と熱烈なお誘い。いえいえ、ぷらっと参拝者の私など滅相もございません、ともじもじしながら、なんの席じゃ!!!と目だけは見開いていると「みうらじゅん、いとうせいこう言祝ぎ見仏トークin興福寺」・・・・・えぇぇぇ、まさかそんなおふざけを。一生に一回あるかないかの荘厳なできごとですぞ、そんなのどこで?え?法要期間中の中金堂で?失礼ながら、怒られますよ。

お客様から伺う連日の法要とのギャップが埋められずにいる私をよそに、シェフ山嵜が嬉々として一言「おぉ、最近最も会いたかった人です!!みうらじゅんさんに会えるんですか?」「えぇ、えぇ、是非、是非!!」とスタッフの方とはやばや意気投合。私もみうらじゅんさんは好きですが、シェフはそんな会いたかったの。「ではお願いします。」とお財布を用意したら「無料でございます!!」と、これまたびっくり!!

なんと、中金堂に入れたのです。トークが始まるまでは自由に参拝できました。ありがたや、ありがたや。

早速中金堂内部へ。

ひときわ目を引くご本尊 木造釈迦如来坐像。真新しい金箔で覆われた、元の状態に戻した修復でした。奈良では、現状維持の修復が多いので意外でしたが、しっとりと深みのある金箔の色と新しい建物、鮮やかな群青色の法相柱が、平成の終わりから新しい年号を迎え新たな時を刻むのにふさわしいような気がしました。後のみうらじゅんさんのトークでも話題になりましたが、どの段階まで文化財を修復するのかこの難しい課題をどうやって決めているのでしょう。詳しい方に伺ったら、お寺の意向と文化庁との話し合いですり合わせていくのだそうです。

ちなみに、法相柱は興福寺の教義である法相宗ゆかりのインド、中国、日本の高僧14名の人物画を貼り付けた柱で、ご本尊に向かって左脇に立っています。背景色の鮮やかな群青色が、中金堂を華やかに彩ります。奈良県出身の日本画家 畠中光享さんが手掛けられました。

もうひとつの見どころは、須弥壇(しゅみだん)の四方を固める木造四天王立像です。その昔中金堂にあった四天王像は、もともと南円堂にあったことがわかり戻され、重文から国宝に格上げされました。そして、南円堂にあった四天王像が新たに中金堂に配置されました。

さて、いよいよ『言祝ぎ見仏トーク』はじまり、はじまり。

ごあいさつは、みうらんじゅん氏の「おばさんになってしまおうと思います。」宣言から。・・・ほら、だから、怒られますよ。温泉がお好きだそうで、湯船につかっていると後から入ってきたおじさんたちに「ちっ、混浴かよ。」と言われることが増えたからだそうです。そんなみうらさんの印象は、物腰柔らかい優しそうな紳士でした。

1時間半のトークの間、みうらさんの用意したスライド画像に沿ってトークは進んでいきます。始終、造語が飛び出してくるので、思わず吹き出して笑うことしばしば。少し高度だったりわかりにくいと思うとすかさず、いとうせいこうさんの通訳がさり気なく入ります。”マイブーム” ”ゆるキャラ” なる造語を生み出しただけあっておじさんのダジャレの如く、片っ端から造語にするのが日常なのでしょう。

10才のとき作った、興福寺に関する自作の資料は”小人”と書かれたチケットがずらりと並びます。国宝館内部の仏像配置図まで丁寧にノートに貼られてそれぞれに感想や思ったことが書き込まれています。いとうせいこうさん「これは、詩だ!!」その後中学生で礎石にはまり、ノートに貼られた礎石の真ん中に自分の顔写真を貼っていました。なかなかの美形なので、余計に面白い。

途中、中継のカメラが中金堂内部へ入り、みうらさんといとうさんの見仏ライブです。やはり、ご本尊から「修復は一体どこまでやるのだ」から始まり、なにより木造四天王立像のかっこよさが魅力だそうです。そして、法相柱の一番下に描かれているのが、若かりし頃の無著と世親だそうです。木造無著・世親立像は運慶工房作で、北円堂に安置されています。以前、特別公開のとき薄暗くなってから行くと、ろうそくで目が光ってまるで生きているようで感動しました。そのお二人の若々しい姿が法相柱に表されているとは、感慨深いです。

今年の元日に耐震補強を終えリニューアルされた国宝館の動線が、子供のときのスクラップの場所に戻っていることをはじめ、子供のときから見てきた興福寺の仏像たちは、他のお寺と比べてとにかく移動が多いのだそうで、日々の研究から発見される新しい説を取り入れ実行する、歴史が古いにも関わらず柔軟なお寺であるといえるでしょう。

そして、みうらさんが数年前からマイブームにしている”テープカッター”のスライドが次々と映し出されました。展覧会などの開催前に、関係者のみ集めた内覧会のセレモニーとして行われる、あの紅白の牡丹のような花飾りのついたテープを切るテープカットです。

2009年東京上野の東京国立博物館で開催された『国宝 阿修羅展』で阿修羅ファンクラブ会長に任命され、テープカットに参加したことが始まりだそうです。2013年には、『国宝 興福寺仏頭展』を機に”仏友 ぶつゆう” いとうせいこうさんと ”ザ・テープカッターズ” を結成。テープカットという催し自体絶滅の危機に瀕している中、マイテープ、マイ手袋、マイカッターを用意し、頼まれてもいないのにイベントに現れテープカットを行うという活動をされています。よって、隅っこでテープカットしたり、非常に短いテープだったり、同席者が目を合わせてくれないこともしばしばだそうですが、興福寺の別当はいつでも大変温かく微笑みかけてくださるそうです。

興福寺ましてや奈良とも関係ないテープカットの数々、その画像は海外にまで及び、遂には一人で無理やりテープカットした画像や、「カットしたテープについた牡丹の飾りは、落とすと縁起が悪いのではないか。」という持論があるにも関わらず、ご自分の展覧会でテープカットした画像では、完全に花を落としていたりと突っ込みどころ満載の画像が続き、お~い帰ってこ~い、と思ったら舞台上にテープカット用テープが用意されました。若い僧侶をはさんで、テープカットです!みうらさんの「どうぞ撮影してください!」の言葉に、舞台は遠くて無理なのでモニターをパシャリ。

暗さで手振れしましたが、ロックなライブ感が出ています。スリーショットでない瞬間で残念!!いとうせいこうさんは、僧侶の左でテープカットされています。ちなみに、このお若い僧侶は連日の法要で忙しく袈裟が乾く間もなく着用しての参加でした。

今、思い出してもほっこりとする、お寺本来の懐の大きさを体感できた夜でした。すばらしい夜をありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

シェフェスタ2018 シェフズキッチン生産者一覧

いよいよ明日に迫りました、コムニコ×ボルゴ・コニシ共演”シェフズキッチン”inシェフェスタ2018!!

予想外の天候が続く中、多くの生産者さまにご協力いただき、色とりどりの食材が揃いました!!

この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

  • メインプレート

米       大西さん(曽爾村)

サフラン    笹岡さん(宇陀市)

パセリ     寺田農園(葛城市)

きのこ     岡本さん(吉野)、上湯川きのこ生産組合(十津川)

ローズマリー  山嵜正樹(奈良市)

 

  • バーニャカウダ

<曾爾テロワール>

かぼちゃ“ブラックのジョー”(井上善富さん)

シカク豆(井上善富さん)

ミニトマト“ぷちぷよ”(田合林業)

なす(河合 達さん)

パプリカ(田合広司さん)

 

 

<御杖村>

サラノバレタス(山浦農園)

ほおずき(北岡すみ子さん)

 

<ひらひら農園(生駒市)>

ラディッシュ

にんじん

熟成じゃがいも“ノーザンルビー”

 

<奈良県農業研究開発センター(桜井市)>

やまと甘なんばん

 

<コムニコ 堀田シェフのお義父さん>

にんにく

 

  • ブディーノ・チョコラータ

古代醤(ひしお) 奈良県醤油工業共同組合(天理市)

大和橘      なら橘プロジェクト推進協議会(大和郡山市)

 

明日、県庁前奈良公園にてお待ちしております♪

ちなみに、本日のシェフェスタの様子。お昼の営業後、行ってきました。

本日のシェフズキッチンは、”洋食Katsui”さん。永らく大阪で営業されていましたが、天理にお引越しされました。姉妹店”御堂筋ロッヂ”は、南船場にて営業中です。

ヤマトポークのシチューとエビフライ

ヤマトポークのカツカレー

これぞ洋食の王道!!このようなお料理が外で食べれるなどとは、シェフェスタってすばらしい。ボリューム満点で大満足♪

うぉぉっと、マガジーノさんがご出店とは!!本日だけのご出店だそうです。満腹でもいただきます。

ピッツァマルゲリータ

クワトロフォルマッジ

店が近いので無理に持ち帰ろうとしましたが、もうたまらん!一切れだけでもこの焼き立てをいただかなくては!!

・・・・・・・もう、感動です。生地のむっちり感、焼き具合、チーズの加減、トマトのあふれ出る旨み・・・・その昔、ナポリのソレントでたまたま入ったお店で感動したピザを思い出しました。

平日ということもあり、日本人より海外からのお客様が多い、旅行気分になれるシェフェスタでした。

まだまだ続くシェフェスタ2018♪是非おでかけください♪

 

 

シェフェスタin奈良 2018 ”シェフズキッチン”に出演いたします♪

ボルゴ・コニシは、今年10年目を迎える、奈良の食の祭典『C’festa シェフェスタ』の奈良会場にて行われる“シェフズキッチン”に出演させていただくこととなりました。出演は、9月22日土曜日、生駒市のCOMMUNICOコムニコ オーナーシェフ堀田大樹氏との共演です。

奈良の食材盛り沢山でお届けします、気になるメニューは・・・

メインメニュー: ¥1,800

  • ヤマトポーク脛肉の煮込み 大和橘のグレモラータ風味
  • 曽爾の米と宇陀のサフラン 奈良のさまざまな茸のリゾット
  • 奈良県産薩摩芋とローズマリーのフォカッチャ

サイドメニュー:

  • 奈良県産野菜のバーニャカウダ ¥600
  • アマゾンカカオと古代醤のブディーノチョコラータ 大和橘のコンフィ ¥600

 

えぇぇぇ!!宇陀でサフラン採れるの?アマゾンカカオと醤(ひしお)ですって??そして、なんだ、ただのバーニャカウダか・・・と思ったそこのあなた!あなどるなかれ!!レストラン御用達農園の野菜を、しっかり味わっていただきます。

 

もちろん、この際、せっかくなんだから、このブログをお読みの方は全てご購入されることと思いますが、〆となる重要なデザートにスポットを当てさせていただきます。

今回出会った食材の中で、シェフ山嵜が鼻息荒く大興奮した食材が、アマゾンカカオでございます。東京のトラットリアNATIVOオーナーシェフ 太田哲雄氏がペルーに行った際、アマゾン奥地のカカオに魅了されたことがきっかけで、自ら輸入販売されています。香りの豊かさと芳醇な味わい、洗練された長すぎる余韻に、ソムリエ山嵜は、カカオ風呂に入っても構わない!と思いました。さぁ、アマゾンカカオに奈良の何を合わせよう、わくわく。

こちらが、アマゾンカカオ。

パートナー堀田シェフの提案“古代醤”に決定しました。紀元前から多くの古代文明が栄え、インカ帝国の中心地だったペルーのカカオと、古代のレシピから蘇った天理市 奈良県醤油工業協同組合の古代醤が出逢った、”ブディーノ・チョコラータ” アラブの影響を受けるシチリアのチョコレート・プディングに仕立てました。

仕上げに、こちらも太田シェフの輸入品、ペルーのスーパーフード、カカオの親戚 “マカンボ(別名 脳豆 ブレイン・ビーン)” をローストしてたっぷり振りかけます。見た目がまさしく、ブレイン!!このひだひだのまま砕けて美しい。

そしてまとめ役、準主役といっても良い名脇役 大和橘のコンフィ。この大和橘がなければ、地中海の味わいにならない、なくてはならない存在なのです。

数に限りがございますので、お早めに!!当日は、奈良公園でお待ちしております♪

 

シェフェスタin奈良は、奈良公園県庁前、登大路園地にて、9月15日(土)~24日(月・祝)10時から17時まで開催されます。

10周年である今年の、日替わりシェフのお料理が楽しめる “シェフズキッチン” は、奈良のシェフのみが参加します。普通の屋台では味わえない、シェフたちが工夫を凝らした1日限定 “アウトドアメニュー” をお楽しみください。

その他、ひと味もふた味も違う “料理屋の屋台” であれこれつまんだり、お酒やワインなど飲み物も充実、最後はマルシェでお買い物、奈良のうまいもん大集合の10日間!晴れますように!おなかすかせて、お越しください!!

ボルゴ・コニシ×コムニコは、10月22日です♪

 

 

 

當麻寺練供養会式に行ってきました

5月14日(*2019年からは4月14日)、當麻寺練供養会式に行ってきた。

十数年前奈良に引越してきて、電車の車内ポスターでひときわ目を引いた練供養会式。最初見た時は、冗談かと思った。だって、青空の下、金ぴかの観音様が何やら舞いながら歩いている。まさか、千年以上も続く伝統行事であるとは、大真面目だったのか。しかも當麻寺は、現在の地で681年から続く由緒あるお寺である。広島県出身の私には、何もかも驚きである。

そして、遂にきた!月曜日の5月14日が!!GO!!

観光客ばかりでなく、若宮おん祭と同じように、近隣の学校は午後お休みなのか、屋台がたくさん出ており、大勢の子供たちやお母さんたちでにぎわっていた。

まずは、本堂や金堂、中之坊を拝観。金堂の弥勒菩薩像と四天王像は、何度観てもすばらしい・・・・。奥院宝物館では、この二十五菩薩来迎像が見られる。

中之坊では、数輪だが蓮が咲いていた。

池の水の底に生えているらしいもみじと、水面に映ったもみじが幻想的。

いよいよ、16時、練供養会式が始まる。この行事は、正式名を聖衆来迎練供養会式(しょうじゅう らいごう ねりくようえしき)という。當麻曼荼羅を一晩で織り上げたといわれる伝説の女性、中将姫が29才のとき、二十五菩薩の来迎により極楽浄土へ導かれた、現身往生(その身のまま往生すること)を再現した行事である。毎年、成仏されたとされる旧暦3月14日である現在の5月14日(来年から4月14日)に行われる。法会は、本堂(曼荼羅堂)から娑婆堂を結んだ来迎橋(架け橋)の上で行われる。

西日がまるで後光のようにさす本堂から、まずは中将姫登場。

撮れていないが、この神輿の中に中将姫坐像が鎮座している。

続いて、お稚児さん、雅楽団、僧侶の登場。美しい。

白いお顔の天童(天人)に導かれて、いよいよお出ましだ、二十五菩薩!!皆さま、視野が極めて狭くなるため介添えの方が付いている。足元がおぼつかないご様子で、まるで二日酔いのように見えたりして、あまりに親しみやすくかわいらしい。係の方いわく、千年以上続くうち、お一人もまだ、つまづいたり落ちたりしていないので、相当プレッシャーもあるとのこと。

逆光のため、後の浄土へお帰りの画像をご覧いただくとして、最後3名の菩薩を残し、娑婆堂前に一同勢ぞろいされた。介添え人の方々が、それぞれの菩薩様の後頭部を扇子であおいでいらっしゃる。西日はかなり強かった。娑婆堂内の真ん中に写っているのが、中将姫坐像が乗っている神輿。

一段楽して、23人目の観音菩薩様がご登場。ここで、注目!!何も乗っていない蓮台を持って、舞いながら登場される。 

右に高く掲げていらっしゃるのが、蓮台である。後ろに、勢至菩薩、最後を勤められるのが普賢菩薩で、全員が娑婆堂にお揃いになった。そして、娑婆堂内で、観音菩薩がお持ちになった蓮台に成仏された中将姫が乗せられ、勢至菩薩がなでる。

神輿の前、観音菩薩がひざまずいて蓮台に乗せた中将姫を持ち、勢至菩薩が右から白い手をかざしているように写っているのが、なでている途中。蓮台の周りを大きく円を描くように、手の指をひらひらとさせながら ”なでる” 。

中将姫が成仏されました。

入場と逆に、浄土(本堂)へ向かう。まずは、成仏された中将姫と観音菩薩さまから。手には、先ほどの蓮台に中将姫のお姿が。

続いて勢至菩薩さま。堂々たるお姿。

頼れる存在、普賢菩薩さま。

天童(天人)に導かれて二十二菩薩様が続く。

そして、浄土へ消えて行った。

雅楽が遠くへ去ったあと、もの悲しい音楽が流れていた。お天気もよく、見るもの美しく、うっかり微笑ましく観ていたが、現世からすれば美しい中将姫が、29才という若さで成仏なさるのは、寂しく悲しいことなのか。私としては、中将姫は、やることをやって、美しいままの姿で、二十五の菩薩様に迎え入れられ極楽浄土へ行かれたので、さすがに菩薩様に迎えに来ていただくことは難しいであろうが、そのように生きられたらなぁ、と思ったのである。すでに、29才を若干粗雑に過ごし、はるか遠くまで生きながらえて、未だ奈良でいろいろなことを教わりながら日々過ごしている。

ありがとうございます。

JR東海ウェブサイト 『わたしならTRIP』 で紹介されました

このたび、JR東海ウェブサイト 『わたしならTRIP 私旅プランvol.6』 で、理学博士 藤野千代さんにご紹介いただきました。藤野さんによる天平文様のデザイン化により、色鮮やかに蘇った文様は、現代の私たちの生活を豊かにしてくれています。気付けば、私も身の回りのお気に入り小物にも、当たり前のように天平文様が!

今回の取材で、撮影のためカメラマンの「雑談をしてください。」という言葉をいいことに、デザイン化について大変だったことなど伺いました。

デザイン化に於いて、研究用にできるだけ現状を維持したもの(にじみなども再現)、少々美しく整える程度にしたもの(にじみなど最小限の修正)、現代に蘇らせるイメージでいろいろな商材に使えるよう手を加えたものと、数パターンあるそうです。後は、企業など文様を使う側が、コンセプトに合わせて選ぶそうです。藤野さんの優しい人柄をいいことに、撮影であることを忘れて話し込むところでした。

『わたしならTRIP』は、JR東海のウェブサイトなので、当然JR東海を利用して奈良へお越しになる方へ向けたサイトなのですが、そこには、それぞれの紹介者の人柄が現れる様な、とっておきのステキな情報が満載♪ 奈良在住で、県外のお客様をご案内するときにも役立ちそうです。

奈良散策におすすめのサイト JR東海『わたしならTRIP』 是非、ご覧ください。

 

 

喜光寺の蓮

奈良に住んでいながら、蓮の咲くころ、蓮咲く寺に行ったことがなかった。

そろそろ咲いているかな・・・ふと思ったとき、映像作家 保山耕一さんの作品に映し出された、数々の奈良の蓮の風景が思い出された。保山さんの映像は、一度見たら忘れられない。そして、何度見ても釘付けになる。美しさの奥に、荘厳でありながら懐の深い奈良が表現されている。

いろいろな蓮の風景の映像の中に、聞きなれないお寺が映し出され、行きたい、と強く思ったことを思い出した。

「喜光寺 きこうじ」なんと美しくやさしい名前のお寺だろう。

調べてみたら、知らないことが恥ずかしいくらい、近くのお寺だった。その上、養老5年(721)行基菩薩によって創建され、天平21年(749)入寂されたとある。私はいつも、この西暦3桁に驚き、いつまでも慣れない。それが当たり前なのは頭でわかっているが、それでも、奈良のそこかしこに転がっている西暦3桁にまつわる物事と、サラリと共存している奈良にいることを、大変贅沢に感じるのである。

さて、喜光寺。ホームページを拝見したら、ご住職より「蓮は早朝がおすすめです」ということで、開門時間に到着。門を入って、名前のとおり、なんともやさしい雰囲気のお寺である。

わー、咲いてる、咲いてる♪保山さんの映像に習って(・・・たつもりで)撮ってみたが、じぇんじぇん違う!!しかし、被写体の美しさは伝わるであろう。

偶然にも、弁天堂の秘仏 宇賀神王が特別開扉されており、拝観することができた。蓮池に浮かぶ弁天堂へは、小さな橋を渡る。まるで極楽浄土への道。宇賀神王の周りに奉納されている、思い思いの人形たちも必見。

ご本尊の阿弥陀如来と、脇侍である観音菩薩と勢至菩薩の笑みをたたえた穏やかな表情に、思わずこちらも微笑んでしまう。いずれも、撮影禁止とされていなかったが、なんとなくカメラ、しかもスマホを向けるのはあまりに失礼な気がして、撮影は遠慮した。

蓮の奥の石仏群も、ほっこりする佇まいである。

仏足石と初転法輪像のバックには、あおあおと茂ったもみじ。国境を越えたかんじが素敵。

ありがとうございました。また、来ます。合掌。

 

それにしてもカメラマンというのは、選ばれし人だな、とつくづく思う。普通は出逢えないような瞬間に出逢う強運を持っていて、それを逃さず捉えることができる、卓越した技術を身につけた人で、きっとそれが使命として与えられているに違いないと思わざるを得ない。とても真似できない。

奈良の魅力が画面から溢れる保山さんの映像。奈良に住んでいる、奈良に興味がある、奈良に来る予定がある、訪れたい場所を探している、ただ美しいものを見てリラックスしたい方、おすすめです。

*保山さんの映像は、You Tubeでご覧になれます。