當麻寺練供養会式に行ってきました

5月14日(*2019年からは4月14日)、當麻寺練供養会式に行ってきた。

十数年前奈良に引越してきて、電車の車内ポスターでひときわ目を引いた練供養会式。最初見た時は、冗談かと思った。だって、青空の下、金ぴかの観音様が何やら舞いながら歩いている。まさか、千年以上も続く伝統行事であるとは、大真面目だったのか。しかも當麻寺は、現在の地で681年から続く由緒あるお寺である。広島県出身の私には、何もかも驚きである。

そして、遂にきた!月曜日の5月14日が!!GO!!

観光客ばかりでなく、若宮おん祭と同じように、近隣の学校は午後お休みなのか、屋台がたくさん出ており、大勢の子供たちやお母さんたちでにぎわっていた。

まずは、本堂や金堂、中之坊を拝観。金堂の弥勒菩薩像と四天王像は、何度観てもすばらしい・・・・。奥院宝物館では、この二十五菩薩来迎像が見られる。

中之坊では、数輪だが蓮が咲いていた。

池の水の底に生えているらしいもみじと、水面に映ったもみじが幻想的。

いよいよ、16時、練供養会式が始まる。この行事は、正式名を聖衆来迎練供養会式(しょうじゅう らいごう ねりくようえしき)という。當麻曼荼羅を一晩で織り上げたといわれる伝説の女性、中将姫が29才のとき、二十五菩薩の来迎により極楽浄土へ導かれた、現身往生(その身のまま往生すること)を再現した行事である。毎年、成仏されたとされる旧暦3月14日である現在の5月14日(来年から4月14日)に行われる。法会は、本堂(曼荼羅堂)から娑婆堂を結んだ来迎橋(架け橋)の上で行われる。

西日がまるで後光のようにさす本堂から、まずは中将姫登場。

撮れていないが、この神輿の中に中将姫坐像が鎮座している。

続いて、お稚児さん、雅楽団、僧侶の登場。美しい。

白いお顔の天童(天人)に導かれて、いよいよお出ましだ、二十五菩薩!!皆さま、視野が極めて狭くなるため介添えの方が付いている。足元がおぼつかないご様子で、まるで二日酔いのように見えたりして、あまりに親しみやすくかわいらしい。係の方いわく、千年以上続くうち、お一人もまだ、つまづいたり落ちたりしていないので、相当プレッシャーもあるとのこと。

逆光のため、後の浄土へお帰りの画像をご覧いただくとして、最後3名の菩薩を残し、娑婆堂前に一同勢ぞろいされた。介添え人の方々が、それぞれの菩薩様の後頭部を扇子であおいでいらっしゃる。西日はかなり強かった。娑婆堂内の真ん中に写っているのが、中将姫坐像が乗っている神輿。

一段楽して、23人目の観音菩薩様がご登場。ここで、注目!!何も乗っていない蓮台を持って、舞いながら登場される。 

右に高く掲げていらっしゃるのが、蓮台である。後ろに、勢至菩薩、最後を勤められるのが普賢菩薩で、全員が娑婆堂にお揃いになった。そして、娑婆堂内で、観音菩薩がお持ちになった蓮台に成仏された中将姫が乗せられ、勢至菩薩がなでる。

神輿の前、観音菩薩がひざまずいて蓮台に乗せた中将姫を持ち、勢至菩薩が右から白い手をかざしているように写っているのが、なでている途中。蓮台の周りを大きく円を描くように、手の指をひらひらとさせながら ”なでる” 。

中将姫が成仏されました。

入場と逆に、浄土(本堂)へ向かう。まずは、成仏された中将姫と観音菩薩さまから。手には、先ほどの蓮台に中将姫のお姿が。

続いて勢至菩薩さま。堂々たるお姿。

頼れる存在、普賢菩薩さま。

天童(天人)に導かれて二十二菩薩様が続く。

そして、浄土へ消えて行った。

雅楽が遠くへ去ったあと、もの悲しい音楽が流れていた。お天気もよく、見るもの美しく、うっかり微笑ましく観ていたが、現世からすれば美しい中将姫が、29才という若さで成仏なさるのは、寂しく悲しいことなのか。私としては、中将姫は、やることをやって、美しいままの姿で、二十五の菩薩様に迎え入れられ極楽浄土へ行かれたので、さすがに菩薩様に迎えに来ていただくことは難しいであろうが、そのように生きられたらなぁ、と思ったのである。すでに、29才を若干粗雑に過ごし、はるか遠くまで生きながらえて、未だ奈良でいろいろなことを教わりながら日々過ごしている。

ありがとうございます。

JR東海ウェブサイト 『わたしならTRIP』 で紹介されました

このたび、JR東海ウェブサイト 『わたしならTRIP 私旅プランvol.6』 で、理学博士 藤野千代さんにご紹介いただきました。藤野さんによる天平文様のデザイン化により、色鮮やかに蘇った文様は、現代の私たちの生活を豊かにしてくれています。気付けば、私も身の回りのお気に入り小物にも、当たり前のように天平文様が!

今回の取材で、撮影のためカメラマンの「雑談をしてください。」という言葉をいいことに、デザイン化について大変だったことなど伺いました。

デザイン化に於いて、研究用にできるだけ現状を維持したもの(にじみなども再現)、少々美しく整える程度にしたもの(にじみなど最小限の修正)、現代に蘇らせるイメージでいろいろな商材に使えるよう手を加えたものと、数パターンあるそうです。後は、企業など文様を使う側が、コンセプトに合わせて選ぶそうです。藤野さんの優しい人柄をいいことに、撮影であることを忘れて話し込むところでした。

『わたしならTRIP』は、JR東海のウェブサイトなので、当然JR東海を利用して奈良へお越しになる方へ向けたサイトなのですが、そこには、それぞれの紹介者の人柄が現れる様な、とっておきのステキな情報が満載♪ 奈良在住で、県外のお客様をご案内するときにも役立ちそうです。

奈良散策におすすめのサイト JR東海『わたしならTRIP』 是非、ご覧ください。

 

 

喜光寺の蓮

奈良に住んでいながら、蓮の咲くころ、蓮咲く寺に行ったことがなかった。

そろそろ咲いているかな・・・ふと思ったとき、映像作家 保山耕一さんの作品に映し出された、数々の奈良の蓮の風景が思い出された。保山さんの映像は、一度見たら忘れられない。そして、何度見ても釘付けになる。美しさの奥に、荘厳でありながら懐の深い奈良が表現されている。

いろいろな蓮の風景の映像の中に、聞きなれないお寺が映し出され、行きたい、と強く思ったことを思い出した。

「喜光寺 きこうじ」なんと美しくやさしい名前のお寺だろう。

調べてみたら、知らないことが恥ずかしいくらい、近くのお寺だった。その上、養老5年(721)行基菩薩によって創建され、天平21年(749)入寂されたとある。私はいつも、この西暦3桁に驚き、いつまでも慣れない。それが当たり前なのは頭でわかっているが、それでも、奈良のそこかしこに転がっている西暦3桁にまつわる物事と、サラリと共存している奈良にいることを、大変贅沢に感じるのである。

さて、喜光寺。ホームページを拝見したら、ご住職より「蓮は早朝がおすすめです」ということで、開門時間に到着。門を入って、名前のとおり、なんともやさしい雰囲気のお寺である。

わー、咲いてる、咲いてる♪保山さんの映像に習って(・・・たつもりで)撮ってみたが、じぇんじぇん違う!!しかし、被写体の美しさは伝わるであろう。

偶然にも、弁天堂の秘仏 宇賀神王が特別開扉されており、拝観することができた。蓮池に浮かぶ弁天堂へは、小さな橋を渡る。まるで極楽浄土への道。宇賀神王の周りに奉納されている、思い思いの人形たちも必見。

ご本尊の阿弥陀如来と、脇侍である観音菩薩と勢至菩薩の笑みをたたえた穏やかな表情に、思わずこちらも微笑んでしまう。いずれも、撮影禁止とされていなかったが、なんとなくカメラ、しかもスマホを向けるのはあまりに失礼な気がして、撮影は遠慮した。

蓮の奥の石仏群も、ほっこりする佇まいである。

仏足石と初転法輪像のバックには、あおあおと茂ったもみじ。国境を越えたかんじが素敵。

ありがとうございました。また、来ます。合掌。

 

それにしてもカメラマンというのは、選ばれし人だな、とつくづく思う。普通は出逢えないような瞬間に出逢う強運を持っていて、それを逃さず捉えることができる、卓越した技術を身につけた人で、きっとそれが使命として与えられているに違いないと思わざるを得ない。とても真似できない。

奈良の魅力が画面から溢れる保山さんの映像。奈良に住んでいる、奈良に興味がある、奈良に来る予定がある、訪れたい場所を探している、ただ美しいものを見てリラックスしたい方、おすすめです。

*保山さんの映像は、You Tubeでご覧になれます。

 

 

淡い水色の「あかのみず」

先日、和菓子屋の鶴屋徳満さんで、季節の生菓子に釘付けになった。奈良では二月になると、東大寺修二会(しゅにえ)の良弁椿(のりこぼし)に因んだ菓子が、各和菓子屋さんの店頭に並ぶのであるが、鶴屋徳満さんにもいつものように今年の良弁椿が売り出されていた。その隣に、修二会に因んだもう一つの生菓子として置かれていたのが、「あかのみず」

その生菓子は、どこからどう見ても、赤くない。淡い水色が、真っ白な求肥にうっすらと透けた、なんとも清らかな菓子。求肥にほんのりつけられた波紋の焼印から、お水取りのお香水であろうと思われるが、なぜ「あか」なのか。淡い水色の「あかのみず」そして、更に混乱したのは、その漢字「閼伽水」・・・お忙しそうだったので、お話しを伺うのは遠慮して、とにかく何もかも美しいので購入した。

楊枝で切ったら「あか」なのか。まさか。やはり清らかな水色である。やわらかく優しい味わいに、心が洗われるようなお菓子で、今しがたの店頭での「あか?!」なんてことも洗い流されてしまったのである。ましてや漢字の「閼伽(あか)」など、水の如く、私の脳から跡形もなく消えた。

最近、奈良まほろばソムリエに近付きつつある方に出会った。そのレベルともなると、奈良のことが、私にはまるで外国語にしか聞こえない。よりによって、歴史が大の苦手だった私の歴史レベルは、生まれたての人間。全く白紙である。ミーハーに、信長から幕末、明治くらいまでは、興味が出てきて多少本など読んだが、奈良時代、飛鳥時代になると、古事記や日本書紀など折に触れて覘いてみるものの、どうもわかり辛いのである。しかし、奈良のお寺や史跡は、その時代に由来するものも多く、避けて通れない感じがするのである。

その方を見ていると、本当に楽しそうである。きっとどのお寺、史跡に行っても、ぱーっといろいろなことが頭の中でつながって、それはそれは面白いのだろう。何より、拝観料と引き換えに、あの漢字だらけの説明書を入り口で渡され、仏像を前に、漢字が読めなさすぎて、へこんでしまうことがないであろうと思うと、便利に違いなく、大変羨ましいのである。

これを機会に、随分以前に購入しすぐに閉じてそれっきりの、奈良まほろばソムリエ検定のテキストブックをひっぱり出して、読んでみることにした。

そして、見つけた!!文殊院東古墳の別名、閼伽井古墳!!謎の水色の「あかのみず」を思い出し、修二会のページへ。あった、あった!閼伽井屋!!修二会では、「閼伽井屋の中の若狭井から水を汲みあげて、本尊に供えられる」とある。

閼伽は仏教において、仏前に捧げられる水のこと。古来インドでは、来客に対し足をそそぐための水と、食事後の口をすすぐための水が用意されたが、それが仏教に取り入れられ、仏前や僧侶に供養されるようになったもの。閼伽を汲むための井戸を閼伽井という。

美しい。

月曜日の特別開館を利用して、現在開催されている、奈良国立博物館『お水取り』にも行ってみた。実際、装束や映像を見ると、大変わかり易い。以前、真夜中の格子越しに拝見した、幻想的な韃靼の記憶が蘇った。

美しく美味しそうな生菓子「あかのみず」に誘われて、奈良をもっと知りたくなった。このさざ波に乗ってさらさらと、奈良の歴史と文化が頭に入りますように。

 

 

 

シェフェスタ in 奈良、はじまりました!

毎年恒例になりました、奈良の食のイベント ”シェフェスタ in 奈良” が今年もいよいよ始まりました。

前半、6月1日~9日は、奈良県内外を代表するシェフが、その名も ”キッチンカー” でありえないリーズナブル価格で腕をふるいます。

キッチンカーは、大きなキャンピングカーのような外観で、中はかなり本格的な厨房になっていていつでもどこでも、「シェフ、お願いしま~す!!」と一声かければ、突如レストランが出没するという夢のようなお車です。車の横に取り付けてあるスロープを登ってお料理を受け取る際、シェフの働きぶりもちらりと覗ける、あ~、本当に夢のよう。しかし、このキッチンカーでお料理を提供するために、舞台裏ではかなりの準備と腕が必要とされます。そんな、敏腕シェフならではのお料理の数々が気軽に楽しめるイベントなのです♪

ちなみに、本日初日、11時オープンで12時前には、完売御礼!!!!その他、ことごとく完売の嵐で予想を超える来場者に肝心のお料理が足りず、嬉しいやら申し訳ないやら、という情報がただいま入ってまいりました。本日をふまえ明日から各店、調整して挑むことと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

そして、後半6月14日~16日は、奈良の音楽の祭典 ”ムジークフェストなら” のオープニングに合わせまして、シェフズ屋台が同じ県庁前で出店されます。私達ベッカン・ピアットも、6月15日(土)に出店させていただきます!よって、15日は休業いたしますので、ご了承の上、是非奈良公園にお越しください!

こちらも、奈良のシェフたち、あら、HPには出店するお店が載っていませんね。・・・・・さぁ、どこが出店するか乞うご期待!!いずれにしても、普段屋台に出てくることはまずないお店ばかりなので、キッチンカー同様ひと味もふた味も違う屋台をお楽しみいただけるはずです!

6月は、梅雨にも負けず奈良はイベント盛りだくさん♪♪♪ てるてる坊主を吊るしまくって、さぁ、出かけましょう!! 

 

奈良散策なら、コレ♪

あ~、なんて気持ちのいい季節!!出かけなければもったいない!!!

さて、貴重な休日。美しいものを見たくなる月曜日。美術館、博物館は、ほぼ休館日で臨時に開いていることはめったにありません。

しかーーーーし!!奈良にはあるじゃないか!そこここに、美しいお寺、神社、仏像が!

そんなとき検索します。その名も”大和路アーカイブ” 奈良がお好きで、年に数回奈良にいらっしゃるたびにお立ち寄りいただくお客様に教えていただきました!それ以来活用しています、とても楽しい奈良県観光HPです。県内にお住まいで活用されている方も多いようですが、私のように知らない方もまだまだいらっしゃるので、興味のありそうなお客様にはやたらおすすめしています♪

秘仏公開の情報も満載で、奈良県内で行われているイベント、宿泊、お食事まで、すばらしい情報量。トップページ右側のカレンダーをクリックすると、その日に行われている行事や特別開扉が一覧で出てくるので、突然思い立ってもすぐに調べられて便利です。

奈良で仕事をし、奈良で生活し、お休みも奈良で、広島県出身の私は、奈良在住10年経ってもまだまだ奈良初心者です。ほんっとに奈良っていいとこですね~。(しみじみ)