NHK奈良放送『ならナビ』の料理コーナー ”ならメシ” に出演しました

2018年5月、4週に亘り NHK奈良『ならナビ』の料理コーナー ”ならメシ” に出演させていただきました。

アシスタントを勤めてくださった新田谷(にたや)さんと

前回は2016年、同じ番組内の ”古都コトクッキング” に出演させていただきましたが、今回もより工夫し簡素に仕上げた、山嵜正樹考案”主婦の味方!レシピ”を、前菜、パスタ、メイン、ドルチェと4品ご紹介!!

「できれば、新田谷さんがほぼ全部できる勢いで・・・」ということで、台所での主婦を放棄してン~年のわたくし、山嵜愛子がシェフの指示に従いレシピのまま作ってみる実験も行いました。そして、「あら、私、結構料理上手みたい♪ほーほっほっほっほ。」とすっかり自信をつけたのでありました。それくらい簡単です。

どうだ!今回のレシピ、すごいぞ!と、意気揚々と打ち合わせに臨んだら「簡単すぎてシェフの威厳がないし、わざわざ出演してもらう意味さえないような・・・」と、まさかの反応!出演はさせてもらえましたが、それくらい簡単です。

さて、そのラインナップは・・・

1.前菜「アスパラジ・エ・ウォーバ」(2018年5月11日放送)

ホワイトアスパラガスを最も美味しく食べるための料理ですが、グリーンアスパラガスのみずみずしさを味わう春の一品にいかがでしょう。

2.パスタ「春キャベツのカチョエペペ」(2018年5月15日放送)

具材を何も入れない、カチョ(チーズ)エ(と)ペペ(こしょう)という名の、ペペロンチーノと双璧をなすローマの定番パスタをベースにしています。何も入れないのはもちろん、旬の具材を加えてもおいしいパスタです。

3.メイン「ボンベッテ」(2018年5月22日放送)

BBQやお弁当にも重宝しそうな、お肉料理。お子様と一緒に作っても楽しそう。その昔、プーリア州のお肉屋さんが考案しただけあって、お肉を気軽にたっぷり美味しく食べられるレシピです。

4.ドルチェ「ブディーノ チョコラート」(2018年5月29日放送)

当店で提供することもあるシチリアのチョコレートプディングですが、店での工程を大幅に削減し、ご家庭でも簡単に作れるレシピにしました。

 

おつまみくらいならお料理をするというある男性からは、「いつも、サクッと作れるレシピで、楽しみにしてます!」というお言葉もいただきました。是非、お試しください!

試食シーンの収録は好天に恵まれテラスで

放送後、母から主婦代表として感想が届きますが、古都コトクッキング1回目は、「ヒゲはやめなさい。」 古都コトクッキング2回目、「腕の剛毛をなんとかしなさい。」 そして3度目の正直、ならメシに生かされたのでありました。ご近所さんやお客様に、先日はなんと庭木を切ってもらった方にも、「見たよ!」とやたら言ってもらえると思ったら、視聴率が高い番組だそうで、大変光栄です。

スタッフのみなさま、そして、収録スタジオとしてお借りしたCONTENTSの中村さんの多大なるご支援により、楽しく収録を終えることができましたこと、この場を借りて心より感謝申し上げます。

CONTENTS中村さんのサポートでほぼ成り立っているシェフ山嵜正樹

番組は、4月より始まったばかりです。4月の中国菜館 桂花の小倉シェフの中華料理(おいしそうでした!!そうやるのか!という発見も!)もならメシのホームページで見ることができます。そして、これからも続々と、奈良のあなたの町の ~~シェフが!え、まさか ~~シェフまで!!出演されます。古都コトクッキングもまさにそうでした。これからも、”ならメシ” 楽しみです♪

 

ヤマトタチバナ日記9~植樹~

待ちに待った4月2日、山の辺の道に大和橘を2本植樹した。向かいに渋谷向山古墳、背景に植えたての桜、菜の花と雪柳に囲まれた、絶景である。

まずは、シェフから。

収穫用なので、からたちの木に接木してあるが、接いだ部分を地表に出しておくことがポイント。

画像の地面から太くでている白い枝がからたちで、そこから伸びるやや細いグリーンの枝が大和橘。二つの木がしっかりつながっている。フシギ!

竹で添え木する。昔ながらの道具を的確に使いこなす、仲尾さんにもお手伝いいただいた。なんと、城さんとは幼なじみ!!んん十年に渡る旧知の仲で、あ、うんの呼吸がすばらしい。

それでは、わたくし。

「あ、仲尾さん、やります!やります!」の図

どうしてこうも不器用なのか・・・・くわを使いこなせず、早々にご返却の図

一段上った後ろには、植えられたばかりの枝垂桜、ソメイヨシノ、山桜が、早くも少し花を咲かせていた。橘と共に大きくなれよ~。

記念撮影、ぱしゃり。カメラマンは、城さんたちと共にいろいろとサポートくださった、なら橘プロジェクト副代表で、日頃、大和橘のお世話をしてくださっている久保田さん。植樹後、奈良の太古からの歴史や、大和橘の育て方などたっぷり伺うことができ、大変貴重な時間を過ごさせていただいた。

天候にも恵まれ、大変楽しいひとときでした。城さん、仲尾さん、久保田さん、お忙しい中、本当にありがとうございました。

 

JR東海ウェブサイト 『わたしならTRIP』 で紹介されました

このたび、JR東海ウェブサイト 『わたしならTRIP 私旅プランvol.6』 で、理学博士 藤野千代さんにご紹介いただきました。藤野さんによる天平文様のデザイン化により、色鮮やかに蘇った文様は、現代の私たちの生活を豊かにしてくれています。気付けば、私も身の回りのお気に入り小物にも、当たり前のように天平文様が!

今回の取材で、撮影のためカメラマンの「雑談をしてください。」という言葉をいいことに、デザイン化について大変だったことなど伺いました。

デザイン化に於いて、研究用にできるだけ現状を維持したもの(にじみなども再現)、少々美しく整える程度にしたもの(にじみなど最小限の修正)、現代に蘇らせるイメージでいろいろな商材に使えるよう手を加えたものと、数パターンあるそうです。後は、企業など文様を使う側が、コンセプトに合わせて選ぶそうです。藤野さんの優しい人柄をいいことに、撮影であることを忘れて話し込むところでした。

『わたしならTRIP』は、JR東海のウェブサイトなので、当然JR東海を利用して奈良へお越しになる方へ向けたサイトなのですが、そこには、それぞれの紹介者の人柄が現れる様な、とっておきのステキな情報が満載♪ 奈良在住で、県外のお客様をご案内するときにも役立ちそうです。

奈良散策におすすめのサイト JR東海『わたしならTRIP』 是非、ご覧ください。

 

 

2017 クリスマスディナー

はっっっ!!と気付けば、もう12月。

2017年ボルゴ・コニシの感謝を込めた集大成である、クリスマスディナーのメニューが決まりました。

今年のポイントは、最高品質のエレゾ社のジビエと、今年出逢った新たな食材の中で、特にキラッと光る大和橘です。大和橘には最後のデザートで、華やかにディナーを締めくくっていただきます。

気合の入ったワインペアリングコースもご用意いたします。

皆さまのご予約を心よりお待ちしております。

 

<リストランテ ボルゴ・コニシのクリスマスディナー>

12月22日(金) 23日(土・祝) 24日(日) 25日(月) の4日間

クリスマスディナーは、事前のご予約をお願いいたします。

ご予約の際、18:00~20:30でご都合の良いお時間をご指定ください。

 

Stuzzichino

フィンガーフード

 

Apribocca

ムール貝 丹波産枝豆のピュレ

 

Antipasto Freddo

村上農場の豆のサラダ

サルデーニャ産ボッタルガとバッカラマンテカートのチップスを添えて

 

Antipasto Caldo

熟成じゃがいものカネデルリ 車えびとリグーリアソース

 

Primo Piatto

エレゾ社 ヒグマのラグー タヤリン

 

Second Piatto

エレゾ社 蝦夷鹿のタリアータ 麻炭のソースとナツハゼのジャムを添えて

 

Granita

桂の木の葉のグラニテ

 

Dolce

大和橘とヘーゼルナッツのトルタ タッツィーナ仕立

 

Caffe e Te

食後のお飲み物 小菓子と共に

 

10,000円(税別)

RISTORANTE Borgo KONISHI TEL;0742-26-5581

*仕入れ状況によりやむを得ず内容を変更することもございます。あらかじめご了承ください。

 

ヤマトタチバナ日記 6

毎日毎日アゲハチェックをしていたのは、こうなることを恐れたからだ。

・・・こうなってしまうと、怖すぎる、近寄れない、触れない、もう、放棄したくなる。一体、どこにいたのかしら!

同じ生命体だ、私より環境維持の役に立っている、かわいいベビーで何も悪くない、なんなら私の方が始末に終えない、こんな風に毛嫌いするなんてよろしくない、かわいいという成長記録のブログなんかもあったし、その気持ちも十分わかる、・・・と頭ではわかっているが、どうしようもなく「この橘の木、あなたに全部あげる。」という気になってしまう。10才くらいまでは山を駆け回って、万物がおともだちだったのに、本当に情けない。

鉢から1mほど離れて、うろうろ思案し、挙句、これでは農耕民族に戻れないぞ!どうするつもりだ!!と自分を脅してみたりしたが、やはりシェフ、お願いします。

そしたらまさか!シェフ、あなたもですか!!

小学生の頃、庭木剪定が大好きで、大きな剪定ばさみでばさばさ思う存分剪定していたら、えらいものを真っ二つに切りそうになった。それが、大きなアゲハの幼虫だったという。目の前の剪定ばさみに挟まれ、ぐにゃっと半分にのけぞる姿がスローモーションとなり脳裏に焼きついた。「危ない!」とはさみごと手放したので、幼虫を真っ二つに切ることは避けられたが、小学生の脳裏に焼きついたのけぞる幼虫は、モスラ大のサイズとなり、とても近づけないという。そして、それ以来庭木の剪定は母の仕事に戻った。

「だいじょぶ、だいじょぶ、もっと小さいから。あ、画像も撮っておいてね。それから、しばらく食に困らないように、橘の枝ごと土と葉っぱのあるところにお願いします。」(1m以上離れて言いたい放題。)

画像は・・・ブレてる方がいい。

そして、どうやら今年のアゲハ期は、蝉時雨と共に終わったようだ。アゲハベビーたちにたっぷり食べてもらった方がいいくらい、大きく元気な橘の木になればよい。できれば、共存したいものである。

 

 

ヤマトタチバナ日記 5

先日、お昼のオーダーストップ後にブンちゃんが、店のドアの前で「くぁー、ランチ、間に合わなかったか・・・」と、もう一歩も歩けないご様子。・・・あ、カナブンのブンちゃんです。

シェフが、食べ終えたスイカにブンちゃんを乗せたところ、しばらくじっとしていたが、スイカが常温になるのを見計らって、ものすごい勢いで食べ始めた!生きていたか、とほっとした。が、あなた、何時間食べてるの!!

夜の営業が始まっても止まらず、わしゃわしゃ食べ続けているので、テラスの客席から見えない場所に移動していただいた。できるだけ赤いところだけを食べていたので、糖分取りすぎて、もしくは、食べ過ぎて急死したらどうしようと心配になったが、満腹になり「ごちそうさま~♪」と言ったかどうかわからないが、跡形もなく消えていた。念のため、お皿の近くでひっくり返っていないか確認したが、無事、自分のすみかに帰ったのだろう。あの食べっぷり、立派だったな~。

同じ日の夕方、アゲハの幼虫、捕獲!!

その後私は、迷わずこの幼虫を・・・

 

・・・人間の身勝手な衝動を、反省した夜なのでした。